自社で許可を受けていない業種の工事であっても、下請に出す業者が許可を受けていれば受注可能なのでしょうか?

例えば自社で受けている許可が建築一式工事の場合で、付随する工事である、内装工事、大工工事、管工事、電気工事などを下請けに出すというような場合は、許可を受けていない業種についても受注できます。(付随する工事になるので、「受注」というのはニュアンスが少し違うかもしれませんが・・・)

ただ、例えば内装工事の許可を受けていない会社が内装工事を請け負い、許可を受けている業者に下請けに出すということはできません。許可を受けていない工事を請け負うことできませんし、一括下請け(丸投げ)も原則禁止されているからです。

こうした事例は、メーカーや商社で問題になることもあります。商社やメーカーであっても、工事を請け負う以上はその工事業種の許可を受けていなければなりません。それは下請けに出す場合でも変わりません。