特定建設業許可の財産要件について詳しく教えてくれませんか?

特定建設業許可は一般建設業許可に比べて財産要件が厳しくなっています。下請業者の保護が主な目的です。

特定建設業許可の財産要件は以下のようになります。

  • 欠損の額が資本金の20%を超えないこと
  • 流動比率が75%以上であること
  • 資本金の額が2000万円以上であること
  • 自己資本の額が4000万円以上であること

特定建設業許可を受けるには直前期の決算書で上記を満たしている必要があります。また、毎年の決算ごとに上記をクリアしていなければ特定許可は継続ができません。また、新設の会社の場合は資本金が4000万円以上で要件を満たすことになっています。

ちなみにこの要件は請負代金が8000万円以上の工事請け負いが可能とされる財務状況を基準にしているとのことです。