建設業許可には一般許可と特定許可があるようですが違いは何でしょうか?

建設業許可の特定許可と一般許可は、元請として受注し、下請を使って工事をする場合の請け負うことのできる金額が異なります。

一般建設業許可の場合、元請けとして工事を受注し、下請に工事を出す場合は、3000万円未満(建築一式工事の場合は4500万円未満)とされています。この金額を超える場合は、特定許可が必要なのです。

特定建設業許可の制度は下請負人保護のために設けられている制度です。建設業は元請、下請が一体となって、事業を進めていくことが多いため、元請の経営不振に陥ると、下請に連鎖してしまうという傾向があります。

特定建設業許可とういう制度を設けることで、元請業者は経営状況に配慮しなければならず、そのことで未払いなどを減少させていこうという狙いがあるのです。