一般許可の場合は元請で工事を受ける場合に制限があります

建設業許可を受けていない場合、請負うことのできる工事の金額は500万円(建築一式は1500万円)未満とされていますが、建設業許可を受けた場合はどうなるのでしょうか?

建設業許可には一般許可特定許可があり、この一般か特定かの違いと、工事が元請か下請かで、請負うことのできる工事が決まってきます。

一般許可の場合、下請で工事を請け負う場合には上限はありません。ただし、元請として工事を請け負い、下請に工事を出す場合は、請け負いに制限があります

一般建設業許可の請け負いの制限

元請として工事を請け負い、下請に工事を出す場合は、下請けに出す金額が4,000万円(建築一式は6,000万円)未満でなければなりません。この金額を超えるようであれば特定建設業許可が必要です(※平成28年6月1日より前は下請けに出す金額が3,000万円(建築一式は4,500万円)でした)。金額は税込みです。複数の業者に下請けに出す場合は合算した金額となります。

下請で工事を請け負う場合は金額に制限はありません。

特定建設業許可に制限はあるか?

特定許可の場合は請け負いの金額に制限はありません。

otoiawase