建設業許可を受けるためには5つの要件を満たし、申請で要件を満たしていることを証明しなければなりません。建設業の経営経験がある人が役員に必要であったり、国家資格者や一定期間以上の実務経験がある人が社員にいる必要があったりと、要件は複雑で厳しいです。また、それを証明するのも、なかなか困難な作業です。

しかし、逆に言えば、これだけ厳しいからこそ、建設業許可を受けることが信用につながるともいえます。ぜひ、許可を受けることを目指していきましょう。

建設業許可を受けるための要件

建設業許可を受けるために必要な要件は以下の5つです。

建設業許可を受けるための審査

建設業許可を受けるためには上記の要件を満たしているかどうかが審査されます。経営業務の管理責任者、専任技術者、資産要件、欠格要件の一部は自分で資料などを揃えて証明しなければなりません。要件を満たしていても書類がなければ許可が受けられないこともあります。

個人事業主だったころの確定申告書がなかったり、創業当初や過去の注文書や請求書などが見当たらない、通帳が見当たらないと悩むケースが多いように思います。ただし、それを理由に許可をあきらめるのはまだ早いです。他の方法で証明できることもあるので、ぜひ一度ご相談ください。

otoiawase